節分を飾りつけで盛り上げよう!

    TOP > 節分について > 節分の装飾は春をイメージさせることも大事

    節分の装飾は春をイメージさせることも大事

     春の始まりといえば日本では立秋であり、節分も春を代表する日本の伝統行事の一つです。
     節分商品を店頭に並べるお店では、節分のために用意した商品の売り上げを伸ばすために、節分にちなんだ装飾で集客を狙います。
     鬼のデザインや入り豆を入れる豆入れのデザインばかりではなく、節分商品を華やかにアピールするためには、春をイメージさせるディスプレイにも力を入れることです。
     飾りつけのコンセプトには節分を持ってきますが、それに加えて春の要素も付け加えます。
     待ち遠しい春をイメージさせるディスプレイは、来店するお客さんの購入意欲の心をつかみやすいです。
     寒い時期は閉ざしやすい心も、温かさとともに解放されるので、温かい店内の装飾はお財布のひもも緩めてくれます。
     春の温かさと色鮮やかな景色は人の心をワクワクさせますし、それは自然の景色だけではなく、お店の装飾に関しても同様です。
     

     節分の家庭での置物や飾りつけはすべて購入するのではなく、手作りをしてみると意外と簡単と気が付きます。
     子供は工作など作り出す作業が大好きですし、大好きな兄弟や両親一緒に、節分の装飾品を手作りするとなると大はしゃぎです。
     購入品のような立派な仕上がりとまではいかなくても、ペーパークラフトや折り紙を使うことで、簡単に節分用の飾りを作ることができます。
     節分は日本の文化であり、豆まきをすることは子供も知っているとしても、飾りつけの意味までは知らない子供が多いいです。
     イワシに柊などは節分では欠かせませんし、節分にはほかにも飾りつけはあります。
     それを飾りながら子供に、邪気を払うために飾ることなど、意味を教えてあげると子供にも良い知識がつきます。
     大人が子供と接して経験を与え守ってあげられる期間は、過ぎてみるとあっという間です。
     瞬く間に子供は成長をして自立をしていきますが、まだ子供時代を過ごしている時間に、節分など日本の伝統行事を、家族で準備して過ごすのは良い思い出になります。
     

     節分の装飾はお正月が過ぎれば開始というお店は多いですが、シーズンディスプレイは意外とタイミングが難しいところがあります。
     1月から2月は暦を抜きにして考えてみても、体感温度も低くて寒いですし、季節的にもまだまだ冬なので、人の気持ちが春に切り替われない時期です。
     お正月を新春や迎春としてとらえるお店のディスプレイですし心を一新して新しい年を過ごしたい気持ちも人には強くあります。
     感情的な面では春を前向きにとらえているものの、実際の時期を考えると、春や節分の装飾を開始するにしても、1月にチューリップや桜の花は早すぎです。
     あらゆるショップは季節の先取りをするにしても、あまりにも先走りすぎた店内装飾は、お客さんの心がついていけません。
     春の節分を迎える時期の店舗装飾は、ゆっくり段階的に、お客さんにも受け入れやすいように、春の演出を装飾で展開していくことです。
     1月に入ったらまずは早春を意識して、淡いパステルカラーの装飾を施すようにします。
     

    PAGE TOP