節分を飾りつけで盛り上げよう!

    TOP > 節分について > 節分で必要な装飾品の種類や意味について

    節分で必要な装飾品の種類や意味について

     節分の日はいつかというのは実は明確に決まっているわけではなく、大体2月頭頃という日になります。
     理由として節分自体は立春の前日に行な割れる年中行事です。
     そのため年によって立春の日は異なるので、2月3日になったり2月4日になったりしますよ。
     では実際に節分を行うために必要な装飾品ですが、まずは豆があります。
     詳しくどのような日なのか知らないけど、豆をまく日だという認識をしている人は多いですよね。
     ではなぜ豆をまくかですが、理由として節分の日は立春の前日ということで季節の変わり目になりますよね。
     昔から季節の変わり目には邪気が入りやすいと言われており、邪気を払う行事が多く行われています。
     そのため節分の日には豆で邪気をはらういみでまくようになったといわれていますよ。
     また豆自体は神聖なものとして、節分だけでなく神事で多く使われるものの1つですね。
     

     節分の行事を行う上で準備する装飾としてまず豆がありますが、一緒に合わせて準備するのが鬼のお面がありますよね。
     小さい頃であれば幼稚園や保育園での行事で豆まきをした覚えがある人は多いのではないでしょうか。
     ではなぜ鬼のお面を準備するのかですが、昔から日本では病や災いなどの原因には全て鬼が関係していると考えられていました。
     また豆自体は鬼を退治する効果があると信じられていました。
     そのため丁度季節の変わり目となる節分の日には、神聖な豆をまくことで鬼を退治して災い遠ざけるという意味が込められていました。
     そのため単純に豆をまくだけでなく、より節分の雰囲気を盛り上げる効果もあって鬼のお面を用意するようになりました。
     家族の中で行う場合はだれか1人が鬼役となり、投げられる豆から逃げるように外に出るという演出なども多く行われていますよ。
     

     節分として準備する物として豆や鬼のお面は多くの人が知っていますが、実はもう1つ重要な装飾品として柊鰯があります。
     これも魔よけの意味があり、昔から節分の時いは玄関に飾る風習がのこっていますよね。
     ではこの理由ですが、昔から臭い物や尖った物には魔よけの効果があるとされていました。
     そのため節分という季節の変わり目のため邪気が入りやすいのを防ぐために、柊鰯を準備するようになりました。
     魔よけの効果として臭い物として鰯の頭を準備します。
     とがった物として柊の葉のとげを表しています。
     これら2つを飾ることで、魔となる鬼を家に近付けないようにしていました。
     また地方によっては鰯を焼いて臭いをだし、その臭いにおいで魔を取り除くという事も行われています。
     このように節分で用意される装飾品には、様々ないみが込められていると分かりますね。
     

    PAGE TOP