節分を飾りつけで盛り上げよう!

    TOP > 節分について > ショップ内の節分装飾で感じる春の足音

    ショップ内の節分装飾で感じる春の足音

     暦の上では節分には春を迎えますので、お店の売り場の店内装飾もそれに合わせて、春や節分の色を加えていきます。
     春の店内装飾を始めるのであれば、いつくらいから開始をするかですが、正月が過ぎた1月半ばころからが一般的です。
     あらゆるショップがありますしm取扱商品にも違いはありますので、お店のコンセプトなどにも合わせますが、大喜納ショッピングモールや百貨店などは季節に対して反応は遅くはありません。
     雑貨関連にファッションやアパレルなどで、大きなショッピングモールに入っていたり、百貨店などに入っているショップは、早めに春用ディスプレイを開始しています。
     早い時期に春の店舗装飾やディスプレイを立ち上げることでお客さんの季節的な気持ちと商品購入を、ほかのお店に負けないように先にキャッチする作戦です。
     

     冬にはクリスマスやらお正月など楽しい行事が目白押しですが、人間は本質的に暖かい季節を、心のどこかで待ちわびています。
     春の訪れを感じさせるのは、植物や温度や季節などですが、百貨店やスーパーなどのお店の装飾で、春が来たことを感じることもしばしばです。
     日本の春といえば節分は欠かせませんし、1月半ばには節分用のおり豆がお店に並べられたり、鬼のお面のかわいいディスプレイなどが飾られると、もうすぐ春かと実感します。
     自然の景色や空気には屋などで春を感じるのは素敵なことですが、お店のディスプレイでも多くの人は季節を感じますし、装飾されている中からつい商品を選びがちです。
     冬の寒さは時として人を閉鎖的な気持ちにさせることがありますが、春の温かさは人の心を開放的な気分にさせてくれます。
     暖かいデパートの中やスーパーの中では、まだ寒い1月でも暖房で温かいですし、その中で春の節分の装飾を見れば、節分の入り豆なども購入したくなるという流れです。
     

     節分の家での装飾は思い切って購入ではなく、子供と一緒に手作りするのも楽しいです。
     折り紙があれば意外と節分用の装飾品は簡単に作ることができますし、折り紙で作る鬼は簡単なうえにクオリティーが高いので、子供に自信を持たせることができます。
     子供はいつもチャレンジ精神が旺盛で、新しいことを知りたがりますし素直なのでどんどん吸収する生き物です。
     日本の昔からある伝統や文化なども子供は、遊びながらでも知識として受け取り、次の世代へと伝えていくことができます。
     折り紙で作る節分の装飾として、鬼を折ることがでいたら、金棒も折り紙で作り、ほかにもおたふくなどを折るのも愉快です。
     節分におたふくというのはつながりがあるかわかりにくいですが、縁起物のお多福というネーミングから、節分にもともに飾られます。
     おたふくはおかめともいわれていて、子供と一緒に作りながら、節分の意味や鬼やおたふくの意味まで話すと、子供の知識も自然にアップです。
     

    PAGE TOP